や行


●やっしー

 戦国期、矢島地方を治めていた矢島満安の愛称

 矢島満安は、「大井五郎」と称していたので、「ごろーちゃん」と呼びたかった所

 それだと、大森五郎とかぶるため、いつのまにか、やっしーと呼ぶようになったという

 ちなみに、大森五郎は「康道」だが、こちらもやっしーと呼びかねないので

 ごろーちゃんを大森五郎、やっしーを矢島満安の愛称と、勝手に定義づけた


●夜叉九郎君

 戦国期角館城主だった戸沢盛安の愛称

 彼が当時「夜叉九郎」または「鬼九郎」と呼ばれていた事から、そのまま愛称に使用


●夜叉九郎Jr.

 戸沢盛安の子・戸沢政盛の事


●山城

 びびんばの上司の事

 まるで直江山城の様な仕事ぶりと容姿から、密かにそう呼んでいる


●ゆっきー

 真田幸村の事

 ちなみに「真田さん」とは、信之・幸村の祖父真田幸隆の事

 幸隆の三男昌幸は、何故かそのまま「昌幸」と呼んでいる


●よっしー

 山北小野寺氏最後の当主・小野寺義道の愛称

 よくサネッティの書状に「小孫十」と小野寺孫十郎義道を略されて書かれているので

 「こそんじゅー」と呼ぶこともある


●米沢中納言

 上杉景勝の事






                         
        
inserted by FC2 system