閻魔様に会いたい?

ブログ掲載 平成20年2月22日

これは「天地人・主役に妻夫木聡が決定!記念」イラストです

景勝君の近従が、ちょっとした事で茶坊主を斬り殺してしまう事件を起こしました

茶坊主の伯父と兄が、その不条理に訴えてきたのですが、直江君が

「弔慰金をはずむから、それで許してくれ」

と言っても、茶坊主を生きて返せ!といったものだから、直江君は

「じゃ、閻魔様に直談判して来いよ!儂が閻魔様に手紙を書いてやるから」

と言って、茶坊主の伯父と兄の首をはねた・・・・という有名なエピソードを元に描いたイラストです

伊達政宗とのエピソードと言い

(大判を扇子でポンポンしたり、「アンタを後ろ姿しか見た事がなかったから」と言ったり・・・)

直江君は、なかなか痛快な事をしてくれます

私の中の直江兼続像は、慈愛の笑みを浮かべつつも、怖い面も持ち合わせていた・・・と思っております

でも、普通「立派な人間」って、そんなもんじゃないですか?

優しいけど、怖いという、裏表はあったかもしれませんが、腹黒い人とは全く思わせない所に

直江兼続という人の魅力を感じます

でも、この直江君を信頼して執政として使った、上杉景勝って人の方が凄いです!!

直江兼続が優れた人であればあるほど、上杉景勝の魅力が増大します!(うふふ)

つまりは、上杉景勝なくして、直江兼続はない!

私は、そう思っております!

ちなみにブログ記事はコチラ → 
  
inserted by FC2 system