仁賀保光誠
仁賀保(にかほ)氏は、秋田の戦国時代、特殊な地域と言ってもいい由利郡にいた国人領主の一人であります。
由利郡の国人領主の殆どがそうですが、仁賀保氏も信濃大井(小笠原)氏の末裔だとされております。
由利郡の国人領主は、それぞれ独立してはいましたが、どうやら同じ郡内で連帯していたようであります。
由利郡の回りには、安東氏、小野寺氏、大宝寺氏(または、後に最上氏)という大きな勢力をはっていた大名がいましたので
彼らも小領主の例に漏れず、あっち付いたりこっち付いたりと、生き残りを図っておりました。
そう言う時も、大体は連帯して動いていたようです。

が、その連帯が崩れる事件が起こります。
とある事から、由利衆の矢島氏と同じく由利衆の滝沢氏が抗争を起こすようになり
仁賀保氏が、滝沢氏に味方をしてから、仁賀保氏と矢島氏は「不倶戴天の敵」と言っていいくらい仲が悪くなりました!
ですので、仁賀保氏は、他の由利が連帯して、矢島氏に何度も攻める事になります。
その頃の矢島氏の領主は、このサイトでは「やっしー」と呼んでいる矢島満安です。
史料によると、仁賀保氏(+他の由利衆)×矢島氏の抗争の中で、仁賀保氏の当主が四代もやっしーによって打たれているそうです。
そんな中、由利郡の北の方・松ヶ崎を知行していた赤尾曽(小介川)氏から養子を迎えて仁賀保氏の当主になったのが、仁賀保兵庫頭光誠(みつしげ)だとされております。
由利衆に関する史料は、曖昧なことが多いのですが、年代は違ってもあっている事柄もあるようです。
本当に仁賀保氏の当主が、やっしーによって何人も打たれたのか、光誠が赤尾曽氏から養子に来たのか、今となってはよく分かりませんが、いずれにしても仁賀保×矢島の抗争は激しかったのだと言う事は伺えます。

光誠が仁賀保氏の当主になっても、やっしーとの抗争は続けられました!
いかにやっしーが猛将であっても、立て続けに自分以外の由利衆が頻繁に攻めて来られてはたまったものではありません!
(もちろん、やっしーも仁賀保まで攻めていったことはありますが・・・・)
サルの総無事令が奥羽に発せられた頃・・・・力尽きたように、やっしーは光誠たち他の由利衆に滅ぼされてしまいます。
(ちなみにやっしーは、その後、討たれたとも、西馬音内に逃走したとも言われております。)
そのやっしーの領土を殆ど手に入れたのが、この光誠のようです。
サルによって安堵された光誠の所領の中に、やっしーの旧領が含まれておりました。
多分、これによって事実上「由利衆の旗頭」になったのではないか?と)思われます。(私見ですが)
とはいえ、由利衆の代表的な存在は、しっかりと決められていなかったようです。
サルが天下人になった後も、由利衆の連帯は崩されることは無かったようです。
朝鮮出兵の時に割り当てられた兵の動員数も、そして伏見城作事板の割り当ても、由利衆の間で話し合って用意をしたようです。
サネッティが「赤尾曽が由利衆の旗頭だ」と言っていますけど、それはサネッティと折衝する事が多かった由利衆が赤尾曾氏だったからではないか?と私は勝手に思っております。

上杉征伐の時、光誠は他の由利衆と共に、庄内に当たるように命じられております。
そして、関ヶ原の時・・・・上杉軍が最上領へ攻めた頃、光誠の領土となっていた旧矢島領で一揆が起こり、やっしーの旧臣が八森館を奪還しました!
それにより、光誠は他の由利衆と(サネッティも)共に、やっしーの旧臣の立て籠もる八森館を攻撃し、取り返すことが出来、最後に笹子(じねご)の赤館に立て籠もったやっしーの旧臣達を鎮圧する事に成功しました。
さらに、もがみんの要請(?)で、オノデラーズ領の大森城へ進軍しますが(これもサネッティが一緒)、どうやら適当な所で戦いを止めて引き上げたようです。

上杉景勝がたぬ様と和議を結んだ後も、庄内にいた上杉側の将の志駄義秀が、東禅寺城に立て籠もっていたので、光誠他由利衆は、たぬ様の命で、庄内攻めにも加わっております。
その前に・・・・小領主が持っているカンが働いていたのか、オノデラーズが改易され、オノデラーズ領にもがみん勢が入ると、由利衆は一斉にもがみんやたぬ様に近づいていました。
光誠も、もがみんの将・志村さんに「庄内攻めの時は、是非ともはせ参じます!」という感じの書状を出していたようです。
しかし、以前庄内が本庄さんに奪われた時(←もがみん的視点)、たぶん由利衆の殆どが傍観していたようですし、しかもオノデラーズに対しても、由利衆は適当に攻めていたと見ていたもがみんは、光誠たち由利衆を快く思っていなかったようです。
たぶん、それが影響してか、仁賀保光誠は、常陸国の武田に5,000石の領主として転封を命じられました!
改易になった由利衆がいた事を考えると、仁賀保氏はまだ運が良かった方だったのではないか?と思います。
常陸国に移封になった光誠ではありましたが、その約20年後・・・・・由利郡がもがみん領となり、その最上氏が改易となり、本多正純が左遷されられる形で由利郡の領主となるも、その後改易させられた後、仁賀保光誠は旧領である仁賀保の地に転封となり、仁賀保に帰ってくることが出来ました!元和9年10月のことでありました。その時の所領は1万石だったそうです。
光誠は、旧領に帰ることが出来てさぞ喜んでいたことかと思いますが、彼は旧領に戻った翌年、寛永元年2月に亡くなってしまいました!65歳だったそうです。
しかし、死ぬ間際、彼は戦国以来の小領主の生き残りの能力を発揮させました!
彼は、跡継ぎの長男には7,000石、次男には2,000石、三男に1,000石と、所領を3分割して相続するように遺言を残していたそうです。
幕府もそれを認め、光誠の通りに3人の息子に所領を分割相続させることが出来ました。
その後、本家にあたる長男の家は、交代寄合の旗本として幕府に使えましたが、跡継ぎがいないために改易となり、次男と三男の家は、旗本として幕末まで続くこととなりました。

ちなみに、仁賀保光誠は、「仁賀保挙誠(きよしげ)」と表記されている事が多いですが、それは彼の死後、次男である仁賀保誠政が時の将軍徳川家光に憚って、父親の名前の「光」の字を「挙」と言う字に変えたからなんだそうです。
仁賀保光誠・・・・・死んでからも権力に気を遣わないといけなかったようです^^;;

秋田の戦国大名で「兵庫頭」を名乗っていたのは、六郷政乗とこの仁賀保光誠でございまして、六郷兵庫の所でも書きましたが、私めは二人のことを六兵・仁兵と呼んでおります^^;;

何だか、仁兵の説明、あまり上手く出来なかったなあ・・・・(溜息)
    
inserted by FC2 system