お家再興運動
津和野にて牢人生活を送っていたよっしー(小野寺義道)・・・・・

最初によっしーを預かり、世話をしていた坂崎出羽守直盛は、改易&切腹となってしまいましたが

その後、よっしーは津和野に移封してきた亀井の殿様のお世話になりました。

亀井の殿様の協力、仙北時代から縁のあった戸沢氏と本堂氏の協力を得、

そして本多佐渡や大久保長安など幕府の要人となんとかパイプを繋げ、お家再興の道を探っていました

なんと、天敵のもがみんにまで何とかしてもらおうとした事もあったようです。



亀井の殿様のお陰で板倉重昌、夜叉ジュニ(戸沢政盛)のお陰で南光坊天海の取りなしを得、

お家再興の期待が高まりましたが・・・・・・・・

運悪く、途中で板倉重昌は島原の乱で戦死し、天海も途中で天寿を全うしてしまいました。

お家再興の可能性が小さくなっていく中、よっしーの最後の望みは

夜叉ジュニにかくまわれていた次男の儀右衛門保道でした。

  
inserted by FC2 system