オノデラーズ 登場人物集 もがみん勢・仙北の検地関係者編

最上義光 
 山形県の最上・村山地方に所領があった山形城主。通称「出羽守」
 下記で登場する鮭延典膳の所領であった真室とその左隣の金山を勢力下に入れた時に、オノデラーズとお隣同士になる。
 それまでは、オノデラーズともがみん勢は、実際仲が悪くはなかったようだが、もがみんが庄内を自領にすることが出来なかったせいか
 検地による山北の一揆が起こった時、そのどさくさに紛れてオノデラーズの勢力範囲に入っていた湯沢と増田を
 事実上もがみん領にすることに成功したため、そこからオノデラーズとの紛争が始まった!
 そのため、関ヶ原の時、オノデラーズはもがみんに獲られていた湯沢・増田を奪還しようとするも、失敗!改易に繋がった!
 オノデラーズ領を攻め落とすことに成功したもがみんではあったが、住民の反発が強かったため、結局はオノデラーズ領を手放し
 代わりに由利郡を所領にする事が出来た。
 シリーズの中では、「もがみん」と表記されている。

鮭延愛綱(秀綱)
 山形県の真室に所領があった鮭延城主。通称は「典膳」のち「越前守」。そして、よっしーのいとこでもある。
 先祖の佐々木綱村は、元々近江に住んでいたが、戦乱が続く京から小野寺氏を頼って山北に下ってきたという。
 小野寺氏は、最初綱村を関口城に置いていたが、綱村に兵を与えて、真室に進出させて、そこで独立させたらしい。
 真室に鮭延城を築城したので、「鮭延」と名乗った。
 典膳には兄がいたようだが、早くに亡くなったために、彼が跡をついだが、その時南からもがみんが勢力を拡大させてきていた。
 そんなもがみんに一度は楯を突いた典膳だったが、あえなくもがみんに破れ、もがみんの器の大きさに感じ入り、もがみんの部将となり
 進んでオノデラーズ領進出の露払いとなった。なので、湯沢と増田が、事実上もがみん領になったのは、彼の働きによる。
 関ヶ原の時、米沢から直江兼続が山形目指して侵攻してきたが、志村光安とともに奮戦して防いだ。
 シリーズの中では、「典膳」と表記されていることが多い。

楯岡満茂
 
 最上一族の中でも、もがみんとはかなり地の近い親戚だったらしい。元々は楯岡城主。通称は「豊前守」。
 湯沢がもがみんの管理下に入った時、湯沢城へ入り、雄勝地方の統治に当たっていた。故に「楯岡」から「湯沢」に名乗りを変えたらしい。
 関ヶ原の時、南で山形本城が直江兼続率いる上杉勢の侵攻に曝されていた時、彼は湯沢城に残り、旧領奪還を狙うオノデラーズに集中攻撃を受けていたらしいが
 それを何とかしのぎ、上杉勢の侵攻をなんとかしのいだ山形の方から援軍が到着したので、危機を乗り越えただけではなく、オノデラーズ領を占領することに成功した。
 オノデラーズが改易された後、オノデラーズ領を預かっていたが、旧オノデラーズ領の住民の反発が酷く、手を焼いていた。
 佐竹氏が常陸から転封されるにあたり、旧オノデラーズ領が佐竹領になる事が決まったため、彼は由利に新たに所領を与えられ、由利の尾崎の地に本城城を築城した。
 それで「湯沢」から「本城」と名乗りを変えたらしい。
 シリーズの中では「ぶっちー」と表記されている。

最上義康
 
 もがみんの嫡男。通称「修理大夫」
 関ヶ原の後、西馬音内から庄内へ落ち延びた西馬音内さん親子をもがみんの家臣にしたのが、彼だったようだ。
 特に落ち度もないのに、彼は廃嫡され、高野山へ送られる途中、もがみんの家臣にして西馬音内さんの婿であった土肥半左衛門達に襲われ、命を落とした。
 もしかして、最上氏の改易は、彼の死から始まっていたかもしれない・・・・・
 
 
 


上杉景勝

 越後の上杉謙信の甥にして、御館の乱で謙信の後継者となった。通称は「弾正少弼」「中納言」。
 サルの小田原征伐が終わった後に着手された「奥羽の仕置き」で、検地のためにオノデラーズ領に軍を率いてやってきた。
 検地中は、大森城に駐屯していたが、検地への反発により山北の各地で一揆が起こり、その一部が増田城へ立て籠もった。
 ぎょぶぎょぶ(大谷吉継)の要請により、増田城へ立て籠もった一揆勢を攻撃、これを鎮圧させた。
 検地がきっかけかどうか分からないが、それ以降もオノデラーズは上杉氏と縁が続いたらしい。
 それ故、関ヶ原の時、上杉勢が山形へ攻める時に、オノデラーズは上杉勢に呼応したものと思われる。
 シリーズの中では「景勝君」と表記されている。
 
 
直江兼続
 
 上杉景勝の執政。通称は「山城守」
 山北の検地の時、湯沢の検地を担当していたらしい。
 関ヶ原の時、上杉領であった会津と庄内を連結させることを狙ってか、たぬ様べったりのもがみんの所領山形を攻める。
 その手筈として、湯沢・増田をもがみんに獲られていたオノデラーズや、主家再興を狙っていたやっしーの旧臣・矢島勢を動かす事に成功させた。
 そのため、湯沢のもがみん勢がオノデラーズによって釘付けにされ、矢島勢により庄内勢がもがみん領に容易に攻める事が出来た。
 しかし、関ヶ原の本戦で西軍が敗れると、上杉氏の状況も危うくなったため、再三援軍を求めて来たオノデラーズを見捨てる事になった。
 シリーズの中では「直江君」と表記されている。


大谷吉継

 サルの部将。通称は「刑部少輔」。
 山北の検地の時、実際取り仕切っていたのは、彼だった。
 六郷で検地を実施していた時、住民とのトラブルで、彼の家臣が住民を切り捨てたので、それがきっかけで山北の一揆が勃発した。
 彼が山北の検地担当であったため、その後もオノデラーズの「取り次ぎ」に当たっていた。
 よっしーは、彼への貢ぎ物は欠かさなかったらしい。
 シリーズの中では「ぎょぶぎょぶ」と表記されている。






     
inserted by FC2 system