オノデラーズ 登場人物集 オノデラーズ編

小野寺義道
 
 オノデラーズシリーズの主人公にして、山北小野寺氏最後の当主。通称は「遠江守」「孫十郎」
 豊臣秀吉の奥羽の仕置きの影響で、山北における影響力が低下し、さらに最上氏との抗争が勃発した。
 関ヶ原のどさくさに紛れて、上杉氏と手を結び、最上氏に奪われていた湯沢を攻撃!
 しかし、関ヶ原で東軍が勝利したことにより、最上氏の反撃を喰らい、更に周辺諸国からも攻められ
 結果的に、徳川家康に「改易」を命じられ、津和野に流され、そこで82歳の生涯を閉じた。

 シリーズの中では「よっしー」と表記されている。


小野寺康道
 
 小野寺義道の弟にして、小野寺氏の主要支城の1つ・大森城の城主。通称は「孫五郎」「大森五郎」。
 奥羽の仕置きで、上杉景勝と大谷吉継が小野寺領の検地にやってきた時に
 上方に上がっていた兄・義道の代わりに、彼が父・輝道と共に留守を守っていたらしい。
 関ヶ原の戦後処理で、本家が改易となり、兄・義道が津和野に流されることになった時
 康道も兄と一緒に津和野に流され、そこで生涯を閉じた。

 シリーズの中では、「ごろーちゃん」と表記されている。


小野寺茂道
 
 小野寺義道の庶兄と言われている。
 小野寺氏の主要支城の1つ・西馬音内(にしもない)城の城主。通称は「西馬音内殿」「肥前守」「孫三郎」
 関ヶ原の後、本家が改易になった頃、彼は西馬音内城を自焼きし、娘が嫁いでいた土肥半左衛門がいた庄内へ逃走した。

 シリーズの中では「西馬音内さん」と表記されている。




小野寺陳道(のぶみち)
 
 小野寺義道と康道の弟。小野寺氏支城・吉田城の城主。通称は「吉田殿」「孫市郎」
 関ヶ原の後、本家が改易になった頃、南部領へ逃走。そのまま、南部氏の家臣となった。

 シリーズの中では「孫市くん」と表記されている。





小野寺則道

 小野寺茂道の子。通称は「式部大輔」または「式部小輔」「八之丞」
 本家が改易になった頃、父と一緒に庄内へ逃走。庄内が最上氏の手に入った頃に、そのまま最上氏の家臣になった。
 しかし、姉婿の土肥半左衛門が、最上義康の暗殺事件に関わっていた事が影響し、知行地を召し上げられ
 戸沢政盛が新庄に移封されるまで、牢人生活を送っていた。
 その後、戸沢氏の家臣となり、生涯を閉じる。

 シリーズの中では、「ニッシキダイ君」と表記されている場合がある。


おやつ

 土肥半左衛門の娘にして、小野寺茂道の孫。
 父が最上義康暗殺事件に関わっていたとされ、切腹を言い渡された後、叔父の則道の牢人生活に従う。
 戸沢氏が新庄に移封された時、彼女は新庄城の奥御殿で仕えた。
 後に養子を貰い、土肥家を存続させた。





八木藤兵衛
 
 義道の乳兄弟。本当は小野寺氏の重臣・松岡氏の生まれだが、八木家の養子となる。諱は「道家」
 彼の居城・八木城が最上氏の管理下に入った時に、彼は義道の旗本として仕えたらしい。
 主家が改易となり、義道が京都へ送られる時、彼は義道についていった。
 津和野に預けられることになった義道にそのまま仕えたかったが、義道の乳母(=藤兵衛の母)が高齢だという理由で
 義道について津和野には行けなかった。
 仙北に戻った後、黒澤甚兵衛と一緒に、秋田に移封されてきた佐竹氏に仕える。
 佐竹氏から百万刈輪の開拓を許された時、他の旧小野寺氏家臣と一緒に角間川に移住し、そのまとめ役となった。
 義道とは、死ぬ直前まで書状のやり取りをしていたらしい。

 

黒澤甚兵衛

 小野寺氏の重臣・黒澤家の当主にして、義道の家老の一人。諱は藤兵衛と一緒で「道家」
 奥羽永慶軍記では、義道の命令を受け、八柏道為を横手城下の中の橋で暗殺したと描かれている。
 佐竹氏が秋田に入部する際、藤兵衛ら小野寺旧家臣と一緒に、有屋峠の麓で出迎えたという。
 一度は佐竹氏に仕え、六郷で起こった佐竹氏に対する一揆を出来る限り防いだ功績により、200石に加増されるも
 その後、一度佐竹氏の元を去って、義道のいる津和野に向かったことがあった。
 義道が甚兵衛を側に置いておく事が出来なかったため、甚兵衛は仙北に帰り、藤兵衛と一緒に百万刈輪の開発に着手するも
 その途中で、佐竹義宣の家老・渋江政光の推挙で、もう一度佐竹氏の「大番組」として仕える事になった。
 なお、彼の曾孫にあたる伊兵衛は、西馬音内家の小野寺六郎左衛門が佐竹氏に仕官する際に、尽力している。

柳田治兵衛

 小野寺氏の支城の1つで、湯沢城に最も近い柳田城の城主。諱は「道定」
 湯沢・増田が最上氏の管理下に入った時、柳田も最上氏の勢力下に組み込まれたが
 関ヶ原の頃、小野寺義道が湯沢奪還に乗り出した時、治兵衛も湯沢の楯岡満茂に反旗を翻した。
 が、関ヶ原で東軍が勝ち、最上氏が湯沢城救出に乗り出した時、治兵衛はあくまでも小野寺氏から離脱することなく
 五百人の兵で、最上の大軍を迎え撃ち、討ち死にした。
 義道も彼の死を甚く惜しんだ。また、柳田の民に慕われていたという。



八柏道為

 小野寺氏の支城の1つ、八柏城の城主。奥羽永慶軍記では、小野寺氏の軍師的存在。通称は「大和守」
 奥羽永慶軍記で描かれている「有屋峠の戦い」では、最上勢を苦しめる存在であったので
 湯沢城主となった、楯岡満茂と鮭延愛綱の策略により、義道の命で殺害された。
 実は、管理人は彼の存在を半分疑っている。





小野寺道勝

 山北小野寺氏発祥の地である稲庭城の城主。通称は「稲庭殿」「上野介」
 シリーズ上では、関ヶ原の勝敗がついた後、稲庭城を含む東部三城(他は川連城と三梨城)が、最上氏に攻め込まれた。
 彼は、楯岡満茂が率いる大軍と戦うも、稲庭城は落城。奥羽山脈に沿って逃亡したという。
 後に、杉宮吉祥院にて、最上家滅亡と小野寺宗家の領土快復を祈願をしたが、祈願半ばで誰かの妨害に遭ったという。
 その後、最上氏が改易になったのは、彼の祈願が叶ったせいかどうかは分からない・・・・・




福正院

 奥羽永慶軍記では、小野寺康道の軍師的存在の僧侶。
 実在する人物で、仙北阿気の兜台神社があった寺の別当だったらしい。
 シリーズ上では、阿気地本海と共に、「鉢位山で修行する僧兵」という設定で登場。
 大森勢と秋田・由利勢の戦いで白装束を纏って奮戦し、敵方に「保呂羽山の夜叉鬼権現の化身」と恐れられた。





おかね

 大森町の伝説では、小野寺康道の愛妾であったという。
 それによると、彼女は夜叉鬼(八沢木)の出身であったようなので、シリーズ上では保呂羽山に修行してきた修験者の子とし、
 健脚の持ち主と言う事で、小野寺康道の愛妾兼繋ぎという設定にしている。
 なお、ここでの「繋ぎ」とは、大森城と他の支城との連絡役という設定である。
 秋田・由利勢が大森城へ攻めてきた時、彼女は援軍要請のため横手城へ向かい、大森城へ戻ってきた所を敵方に捕らえられ
 拷問によって死んでしまった。
 なお、彼女の死を悼んで「おかね塚」が大森城の麓に建てられている。
 しかし、彼女は江戸時代に施工された山城堤の工事の際人身御供となったという説もある。

小野寺道清

 戸沢氏の重臣・大鎌氏より西馬音内小野寺氏の則道の婿養子となった。通称は「源五兵衛」
 戸沢氏のお家騒動「片岡騒動」の時、上意に違う事をしたということで、
 片岡騒動から40年経った後に、息子の六郎左右衛門と共に藩から「暇」を出されたが
 実際は、藩とは円満に分かれることになったらしい。
 藩から「暇」を出された後、先祖の地・西馬音内に戻り、81歳の生涯を閉じた。




小野寺道昌

 小野寺則道の孫にして、小野寺道清の子。母は、藩主・戸沢正誠の生みの母と姉妹同士。
 父の「片岡騒動」の時に上意に違う事をしたという事と、自身が「不調法の儀」を犯したと言う事で
 父と共に藩から「暇」を与えられ、先祖伝来の地、西馬音内へ移った。
 西馬音内で帰農するつもりでいたらしいが、旧西馬音内家の家臣の子孫と、黒澤甚兵衛のひ孫の道冨の力添えで
 佐竹氏の久保田藩に仕官することが出来、以後「小野寺左伝次」家として家を存続させる事が出来た。





     

inserted by FC2 system