@基本資料編
注;おおざっぱに描いた地図ですので、ご了承下さい!
一、戦国期の秋田県
現在の秋田県の地図から、だいたい「山北三郡」つまり、山北郡を説明したかった地図でございます。
山北(せんぼく)郡とは、山本郡(後の仙北郡)と平鹿郡と雄勝郡の三郡を合わせた総称と言われております。
また、後に戸沢氏が治めた部分を北浦郡、小野寺氏が治めた部分(後に最上管轄領を含む)を上浦郡、本堂氏と六郷氏が治めた部分を中郡と呼ばれる場合もございます。
小野寺氏の全盛期は、山北三郡と有屋峠を越えた現在山形県の金山と真室川まで、勢力を拡大させておりました。
(山形県の地図が手元になかったので、省略@爆)
ちなみに、由利郡について、矢島氏の治めた部分も由利郡でございますが、わかりやすく矢島氏の所領だけ区分けしてみました!
二、最上氏進出後の小野寺領


すみません・・・・・いろんな参考文献を読んで、私めなりに考察した地図でございます。
しかも、地図も適当に書いたので、正確性を問われたら・・・・・(滝汗)
山北の一揆が起こった時に、一揆鎮圧を名目に最上氏が乱入してきたのですが、その後どういう訳か雄勝郡に当たる部分の蔵入地の管理を最上氏が受け持つことになりました。
(その理由については、別に述べたいと思います。)
参考文献等を読んで、私なりに思ったのは、最上氏が主張している「管理すべき範囲」は、皆瀬川&成瀬川よりもちょいと北のあたりから「南の部分」のようです。
太閤検地により、北浦の戸沢氏や中郡の本堂&六郷氏が、独立した領主として御朱印状を貰っていますので、実質小野寺氏の治める部分は、ほぼ「平鹿郡」のみとなってしまいました。
最上氏に横領された(←小野寺氏の言い分として表すと、こうなる)雄勝郡は、もともと小野寺氏が入部して以来の「本拠地」
それを以前から有屋峠を挟んで対峙していた最上氏が入り込んできたとあって、さぞ無念だったことと思います。

三、慶長五年頃の秋田県と周辺の大名の知行地図
分かりやすいように、周辺の大名のイラストもつけて見ました。
今の所、本堂さんのイラストを描いていませんので、本堂さんのみイラスト無しです。
あと、由利衆は五人もいて、仁兵(仁賀保光誠)しかイラスト化していないので、割愛させて貰いました@ごめんね、由利衆の面々
四、オノデラーズ周辺関係図
地図じゃないけど、小野寺氏とその周辺大名の相関図を作ってみました。
基本的に慶長五年の関係図を描いていますが、由利郡の場合、秀吉の奥羽の仕置き前の関係図も含まれています@矢島氏と大宝寺氏がいる時点でそうなっちゃうんです(汗)
オノデラーズに関係のない津軽氏も描かれていますが、分かりやすいかと思ってくわえて見ました。
上の図で見えにくい場合は、図をクリックしてくだされば大きくなります(ただ、デカくなります@汗)


      
inserted by FC2 system